J2第9東京ヴェルディvsザスパクサツ群馬の試合レビューです。

FWアラン・ピニェイロ2発、得点王争いトップに

第2節から5連勝・5試合連続無失点を達成したものの、第7節、第8節と2連敗を喫している東京ヴェルディが、ホームの味の素スタジアム未だ勝ち星が無く、最下位に沈むザスパクサツ群馬を迎えました。試合は勝ち点を少しでも増やしたい群馬東京Vを相手に一方的に攻め込む時間帯もあったものの、要所要所で得点を重ねた東京Vに軍配が上がりました

【試合情報】

日時:2017年4月22日(土) 15:00キックオフ
試合会場:味の素スタジアム

【出場メンバー】

東京ヴェルディ(5勝3敗0分け 勝ち点15 3位

GK:〔1〕柴崎貴広
DF:〔3〕井林章〔4〕畠中槙之輔 〔5〕平智広
MF:〔6〕安在和樹〔8〕中後雅喜(46分、〔27〕橋本英郎)〔17〕内田達也〔18〕高木大輔(54分、〔2〕安西幸輝)
FW:〔7〕アラン・ピニェイロ〔9〕ドウグラス・ヴィエイラ(70分、〔38〕梶川諒太)〔10〕高木善朗

ザスパクサツ群馬(0勝7敗1分け 勝ち点1 22位

GK:〔1〕清水慶記
DF:〔2〕舩津徹也(88分、〔18〕川田拳登)〔3〕川岸祐輔〔20〕パク・ゴン
MF:〔5〕阿部巧〔8〕鈴木崇文(88分、〔14〕石田雅俊)〔9〕山岸祐也〔15〕岡田翔平(82分、〔6〕小林竜樹)〔30〕松下裕樹〔36〕チェ・ジュンギ
FW:〔26〕高井和馬

【得点】

(ヴ)ドウグラス・ヴィエイラ(45分、PK)アラン・ピニェイロ(53分、87分)
(ザ)岡田翔平(60分)

【前半・・・攻める東京V、ベテランMF松下に苦しむ・・・】

この試合、東京Vは前節とほぼ同様のメンバーが先発ラインナップに揃いました。いっぽうの群馬は頼れるベテランMF松下裕樹が5試合ぶりに先発に戻ってきました。この試合、MF松下裕樹が大きな鍵を握ります。

試合はファーストシュートこそ群馬FW高井和馬が放ちますが、東京Vがサイドをメインとした攻撃を仕掛けます。対する群馬はMF松下裕樹を中心として守備ブロックを固め、なかなか東京Vにチャンスを与えません。

最初に決定機を迎えたのは東京Vでした。39分にMF安在和樹がミドルシュートを放ちますが、GK清水慶記のファインセーブに阻まれます。

そして迎えた前半ロスタイム。ペナルティーエリア内でFW高木善朗をMF松下裕樹が倒してしまいPKを獲得すると、FWドウグラス・ヴィエイラが決めて東京Vが先制します。MF松下裕樹は守備で奮闘していたものの、PKを献上してしまいました。

前半は1-0、ホームの東京Vがリードして折り返します。

【後半・・・群馬にも攻撃のリズムが生まれるが・・・】

後半に入ると、早々に群馬に決定的なチャンスが訪れます。47分、右サイドからのクロスにFW高井和馬が合わせますが、GK柴崎貴広の好セーブにより得点を許しません。群馬がチャンスを徐々に作り始めますが、次にゴールネットを揺らしたのは東京Vでした。

53分、右サイドからFWドウグラス・ヴィエイラがクロスを上げ、FWアラン・ピニェイロがヘッドで押し込んで追加点を挙げます。この日、FWドウグラス・ヴィエイラは1得点1アシストの活躍を見せました。

後がなくなった群馬は攻勢を仕掛け、東京Vが一方的に攻め込まれる時間を迎えます。そして60分、群馬はCKからMFチェ・ジュンギが合わせ、最後はMF岡田翔平が押し込んで1点差に迫ります

その後は群馬ペースとなり、東京Vがセカンドボールを拾えない時間帯が続きますが、群馬はバイタルエリア内での攻め手を欠き、同点に追いつくまでには至りません。

なんとか同点に追いつきたい群馬でしたが、ミスで自滅してしまいます。87分、左サイドを攻め上がった東京Vの攻撃を一旦は守備陣が食い止めますが、ペナルティーエリア内に転がったルーズボールをMF鈴木崇文とMFチェ・ジュンギが「お見合い」してしまい、その隙をついたFWアラン・ピニェイロが見事なコントロールシュートをゴール右に決めますFWアラン・ピニェイロのこの試合2得点目、通算6得点目のゴールで、得点王争いトップタイに躍り出ました。

群馬も終盤にパワープレイに出ますが、ゴール前での迫力不足は明白であり、追加点を奪うには至りません。結局、試合はそのまま3-1、東京Vの勝利で終了しました。

東京Vはブラジル人FWの活躍によるこの勝利で第6節以来の首位浮上を果たしています。いっぽうの群馬は後半の攻勢など改善の兆しは見えるものの、勝ち点1のまま最下位と低迷を続けています。特に攻撃陣は深刻であり、FW高井和馬(3得点)とMF岡田翔平(1得点)、合計4得点しか挙げられていません。いっぽう失点は18失点と、第9節を終えた時点で早くも-14もの得失点差となっています。

次節、東京Vはアウェーでアビスパ福岡と、群馬はホームで名古屋グランパスと対戦します。

DAZNはdtvも一緒に契約がお得!!

ドコモユーザーは、dtvとセットなら、合計金額から200円割引!!
月額1,280円のセットプランがお得です。
サッカー以外の動画配信(ウォーキング・デッドなどの人気海外ドラマ)が
実質300円で見放題になるのですから、オススメです。
セットプラン内容:dtv(500円)+DAZN(980円)=1,480円−200円=1,280円!!
dtvはこちらからお申込みできます
お申込みは↓こちら
suponabi