J2も折り返しを過ぎて第29節が終わりました。今年は台風や豪雨の影響で各チームの消化試合数にバラつきがあり、暫定順位となっていますが、J1昇格に向けた争いが激しくなっています。

【勝ち点15差に10チームの混戦状態】

J2順位表(第29節終了時点、10位まで)

順位 チーム名 勝ち点 試合数 得点 失点
1 松本山雅FC(昨季8位) 56 29 16 8 5 42 26 16
2 FC町田ゼルビア(昨季16位) 53 28 15 8 5 48 34 14
3 大分トリニータ(昨季9位) 51 29 15 6 8 50 35 15
4 横浜FC(昨季10位) 49 28 13 10 5 42 32 10
5 大宮アルディージャ(昨季17位 ※J1) 47 29 14 5 10 47 34 13
6 東京ヴェルディ(昨季5位) 46 29 12 10 7 39 29 10
7 アビスパ福岡(昨季4位) 46 27 13 7 7 37 27 10
8 レノファ山口(昨季20位) 43 28 11 10 7 47 46 1
9 徳島ヴォルティス(昨季7位) 41 28 12 5 11 34 27 7
10 ファジアーノ岡山(昨季13位) 41 28 11 8 9 29 26 3

今季のJ2は、松本山雅のチーム成熟度が目立つ一方で、昨季下位に低迷したチームの躍進が目立ちます。その一方で、J1からの降格組が不振にあえぐなど、昨季の顔ぶれとはまた異なった状況となっています。実際には消化試合数の少ないチームが6チームあり、勝ち点差はもっと縮まるものと想定されます。

【チーム成熟度の高いクラブ】

主に松本山雅(首位)、町田ゼルビア(2位)、大分トリニータ(3位)、東京ヴェルディ(6位)がこの傾向にあると言えます。特に松本山雅反町康治監督7年目のシーズンを迎えており、3年ぶりのJ1昇格に向けて、万全の体制と言えます。町田ゼルビアに関しては相馬直樹監督5年目のシーズンとなり、スタジアムの関係でJ1昇格はできないものの、組織的な攻撃が光り、ピタリと2位につけています。

大分トリニータは戦略家・片野坂知宏監督3年目のシーズンとなり、J3からの昇格の勢いをそのままに、今季もポゼッションサッカーを継続しています。東京ヴェルディミゲル・アンヘル・ロティーナ監督2年目のシーズンを迎え、J1昇格に向けた勝負の年と言えます。今季昇格を逃すと、U-21日本代表MF渡辺皓太U-19日本代表MF藤本寛也などのユース出身選手が数多くJ1チームに引き抜かれてしまう可能性が高くなってしまいます。

【下位チームの大躍進、J1降格チームの不振】

町田ゼルビア(昨季16位→2位)、レノファ山口(昨季20位→6位)の躍進が際立っています。レノファ山口に関しては、FWオナイウ阿道FW高木大輔の活躍が目立ちますが、守備面では46失点と昨季とほぼ同様となっており、攻撃面が特に光っていると言えます。

【今年もシーズン途中での「個人昇格」が目立つ】

混戦模様が続くJ2ですが、今季もJ1クラブへの有力選手の引き抜きが数多く起こっており、残り試合の行方に大きく左右すると言えます。上位陣ではMF前田直輝松本山雅→名古屋グランパス)、DF畠中慎之輔東京ヴェルディ→横浜F・マリノス)、MF小野瀬康介レノファ山口→ガンバ大阪)、MF島屋八徳徳島ヴォルティス→サガン鳥栖)という主力級の選手が相次いでJ1に活躍の場を移しています。特に大幅な戦力ダウンとなったレノファ山口は第19節以降勝利が無く、完全に失速。順位を大きく下げてしまっています。

【残り13節の行方は?】

首位を走る松本山雅ですが、MFパウリーニョの負傷離脱というアクシデントがあったものの、中盤の層の厚さで穴埋めできており、J1昇格に向けて視界は大きく開けていると言えます。2位の町田ゼルビアはJ1昇格ができないという状況でも高いモチベーションを保ち、スタジアムの整備を求めて地元・町田市を動かそうと躍起になっています。なお、仮に町田ゼルビアが2位以内に入った場合、3位チームのJ1繰り上げ昇格はありません。この場合、自動昇格は1チームのみとなります。

夏場に得点を固め取りしている3位大分トリニータがダークホース的な存在と言えます。またDF畠中慎之輔を失いながらも、残ったメンバーで大分トリニータを相手にスコアレスドローに持ち込んだ6位東京ヴェルディも今後に期待できるチームの1つと言えるでしょう。

4位横浜FCはコンスタントに勝ち星を重ねており、気づけば上位進出を果たしているチームですが、好守バランスの悪さと勝負どころでの弱さが目立ち、上位との対戦が続く残り試合がまさしく正念場と言えるでしょう。5位大宮アルディージャは取りこぼしが目立つ試合が続き、FW大前元紀MFマテウスの個人に頼らざるを得ない状況が続いています。特に9月は難敵との連戦が続く事もあり、行方が注目されます。

という訳で、J1昇格に向けた争いをまとめると、以下の様に予想します。
(◎:当確 ○:有力 △:可能性50% ▲:可能性50%以下

◎ 松本山雅
○ 大分トリニータ
○ アビスパ福岡
△ 横浜FC
△ 大宮アルディージャ
△ 東京ヴェルディ
▲ レノファ山口
▲ 徳島ヴォルティス
▲ ファジアーノ岡山

DAZNはdtvも一緒に契約がお得!!

ドコモユーザーは、dtvとセットなら、合計金額から200円割引!!
月額1,280円のセットプランがお得です。
サッカー以外の動画配信(ウォーキング・デッドなどの人気海外ドラマ)が
実質300円で見放題になるのですから、オススメです。
セットプラン内容:dtv(500円)+DAZN(980円)=1,480円−200円=1,280円!!
dtvはこちらからお申込みできます
お申込みは↓こちら
suponabi