今年6月にパチューカメキシコ)との契約が満了し、ロシアワールドカップ後に去就を決定するとの事だった日本代表MF本田圭佑。一時は本気で引退も考えたそうですが、彼が選んだ新天地はメルボルン・ビクトリーオーストラリア)でした。そしてカンボジア代表監督(実質はGM)にも就任し、世間を驚かせた本田圭佑ですが、新たに所属する事となったメルボルン・ビクトリーとは、いったいどのようなチームなのでしょうか?

【メルボルン・ビクトリーとは?】

チーム名称:メルボルン・ビクトリーFC(Melbourne Victory Football Club)
創設:2004年
所属リーグ:Aリーグ(オーストラリア)
ホームタウン:ビクトリア州メルボルン(オーストラリア)
ホームスタジアム:エティハド・スタジアム

メルボルン・ビクトリーが創設されたのは2004年でした。当時、オーストラリアでは初の完全プロリーグとなるAリーグ発足の動きがあり、それに合わせる様に発足しています。メルボルンにはJリーグチームとのプレシーズンマッチで来日実績のあるメルボルン・ナイツサウス・メルボルンというセミプロの2チームがありますが、こちらはAリーグへの参入を見合わせ、下位のビクトリアン・プレミアリーグに所属しています。2009年には新たにメルボルン・シティというチームが発足しており、メルボルン・シティとの間で「メルボルン・ダービー」が繰り広げられます。

メルボルン・ビクトリーAリーグ優勝3回、Aリーグ ファイナルズ優勝4回の実績を誇る強豪チームであり、AFCチャンピオンズリーグにも5回出場しています。かつてオーストラリア代表GKミチェル・ランゲラク(現・名古屋グランパス)やオーストラリア史上最高の選手とも言われていたハリー・キューウェル氏がプレーをしていた事でも知られています。

【オーストラリア・Aリーグとは?】

オーストラリア・Aリーグは2005年に創設された歴史の浅いリーグであり、オーストラリアの9チームとニュージーランドの1チーム、合計10チームで構成されています。チーム数を増やす動きがあるものの、資金難等により新規参入するチームが無く、創設当時から2チームが増えた10チームとなっています。

レギュラーシーズンは3回戦総当たりの27試合で行われ、上位6チームがファイナルシリーズに出場する事ができます。ファイナルシリーズはトーナメントとなり、レギュラーシーズン優勝チームはセミファイナルからの参戦となります。2017-18シーズンはシドニーFCが圧倒的な強さでレギュラーシーズンを制しましたが、セミファイナルでメルボルン・ビクトリーに屈し、その勢いのまま、メルボルン・ビクトリーファイナルシリーズを制しています。

AリーグJリーグ同様に各チームの財務状況は厳しくチェックされており、Aリーグ自体がチームの経営に加担する事も希にあります。またAリーグサラリーキャップ制を導入しており、チームの年俸合計が210万AUS$(約1億7,000万円)以下に抑えられています。その為、若手選手が引き抜かれるケースが多い事でも知られています。この様にサラリーキャップ制が敷かれているものの、「マーキープレイヤー」といい、チームで1名だけサラリーキャップ制の制限を受けない年俸を設定できる選手を獲得する事ができ、本田圭佑メルボルン・ビクトリーにおけるマーキープレイヤー枠での獲得となりました。なお、本田圭佑メルボルン・ビクトリーにおいては初の日本人選手となります。

またAリーグは、アジア圏内でも数少ない「VAR」を導入しているリーグという事でも知られています。

【日本人に馴染みの深いAリーグ】

かつてAリーグでは、数多くの日本人選手が活躍していたのをご存知でしょうか。「カズ」こと三浦知良(2005年、シドニーFC)にはじまり、小野伸二(2012年~2014年、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ)、高萩洋次郎(2015年、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ)、永井龍(2012年~2014年、パース・グローリー)らが活躍をしていました。

更に世界に目を向けると、元ブラジル代表FWロマ-リオ氏(2006年、アデレード・ユナイテッド)、元イタリア代表FWアレッサンドロ・デルピエロ氏(2012年~2014年、シドニーFC)、元イングランド代表FWロビー・ファウラー氏(2010年~2011年、パース・グローリー)、元スペイン代表MFルイス・ガルシア氏(2016年、セントラルコースト・マリナーズ)ら、蒼々たるメンバーがAリーグで戦っていました。

メルボルン・ビクトリーは今季のAFCチャンピオンズリーグに出場していますが、既に予選グループで敗退している為、オーストラリア・Aリーグが開幕する10月下旬まで公式戦がありません。Aリーグ開幕まで約2ヵ月。いまから本田圭佑の活躍が待ち遠しいですね!

DAZNはdtvも一緒に契約がお得!!

ドコモユーザーは、dtvとセットなら、合計金額から200円割引!!
月額1,280円のセットプランがお得です。
サッカー以外の動画配信(ウォーキング・デッドなどの人気海外ドラマ)が
実質300円で見放題になるのですから、オススメです。
セットプラン内容:dtv(500円)+DAZN(980円)=1,480円−200円=1,280円!!
dtvはこちらからお申込みできます
お申込みは↓こちら
suponabi